エジグル

創作オリジ イラスト 色々倉庫 リンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Egyptian Ghouls Tarot : エジプシャングールズタロット


オリジ「エジプシャングールズ」をモチーフにライダーウェイト系図案の
オリジナルタロット全72枚を製作したいなーと思っております。
一生かかりそうですがマッタリのんびり制作していきたいと思います。


VIII STRENGTH (Netjer)
8 力 (ネチェル)
大きい版はこちら


XI JUSTICE (Prophetess of Wadjet)
11 正義 (ウジャトの予言者)
こんな天秤が欲しい…


Princess of Sword (Netjer)
ソードの王女 (ネチェル)
火事みたいね。


Prince of Wand (Shes)
ワンドの王子 (シェス)
描くたびに思うのですがシェスのカラーは一番難しいのです…!!

  
スポンサーサイト

「ウェブ時代をゆく」を読んで 創作と自己実現のすすめ


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)

梅田望夫氏の新刊「ウェブ時代をゆく」、発売前から楽しみで楽しみで仕方がなく、店頭に並んですぐ購入させていただいた本です。
読了させていただいて確信しました。
自分にこれほど影響を与え、目指す指針を教えていただき、そしてなにより明るい気分にさせてくださる本はなかったと。
「ウェブ進化論」と同じく、これから何度も何度も時間をかけて読み直し、味わっていく本になっていくことを。
ウェブ世界、「もうひとつの地球」に住まう方々の今の息吹が聞こえてくる本です。

読み終えて今、自分がこのウェブ世界、「もうひとつの地球」の萌芽が、しっかりと根づき始めた最初の世代、「ウェブ時代」に生まれることができたこの奇跡に、つくづく感謝してなりません。
台風のように激しく変動し続け、そして今後も変化し続けるだろうあの世界の内で、それでもひっそりと存在し、耳をすまし、そしてたとえどんなに小さな声ででも、語りかける自由があることを。
小さく非力な個人が「好きへの没頭」に「人生をうずめる」ことができる自由がある世界。
そんな世界に自分は惹かれ、必要としてならないからこそ、激しく広い「もうひとつの地球」を、よちよちと、「高速道路」を歩く方々とは比べ物にならないほどおぼつかない足取りであれ、一歩一歩歩いている。

自分は子供のころから話や物語を作るのが大好きで、そして将来自分はこの頭の中にある物語を、形として残せる職業、「情報の発信者側」の職業になりたいと、ずっとずっと思い続けていました。
自分の場合それは漫画家であったり、脚本家だったんですが…
でも現実、そうなることはかないませんでした。
プロとして、職業としてやり遂げるには、自分は努力も才能も全くないことは、成長するにするにつれ、痛いほど思い知りました。
だから、あきらめてしまう。
今までだったら、「ウェブ時代」に生まれていなければ、何もかもここで終わっていたんだと思います。
自分が作った話も、自分の頭の中のまま、自分といっしょに消滅するものだったんだと思います。
たとえ自力で形として(漫画だったり文章だったり)残しても、誰かに伝えられる場、発信する場は、本当に限られた場しかなかったと思います。
でも、今は違う。
どんなに小さく弱いものでも、そこに存在してさえいれば、何かが、誰かに、出遭うかもしれない世界が、確かにある。
自分は今、頭の中の、子供のころから形として残したいと思い続けているものを、一生かかっても、「人生をうずめる」覚悟でとは大げさかもしれませんが、ライフスタイルとして、創作していこうと思っています。
それは本当つたなくて、恥ずかしく、存在する価値もないようなものなんですが、そんなものでも「もうひとつの地球」は、そっと、ずっと、置いておく自由を、私に与えてくれる、その世界、この時代に、私は感謝してなりません。

オープンソースのプログラマーさんたちをはじめ、ネットで何かに打ち込まれている方々には、このものづくりの精神があるんじゃないかなと思います。
自分はちっぽけながらネットで創作活動を始めるうち、マズローの五段階の欲求の頂点を強く意識するようになりました。
「自己実現の欲求」、物質的に満たされた先進国の人々が進んでオープンソースなどに参加されてるのは、この実現を目指されているからかと思います。
物質的に不自由のない生活が二十世紀に実現され、そして今、精神的自己実現を、人々は求めている。
精神に密接に結びついている「もうひとつの地球」はそれを求める人々が暮らす場には本当に最適の場だったんだと思います。
どこかを歩き、誰かと出会い、誰かに語りかけ、そして誰かに語りかけられる、この偶発性と自由。
自分もネットがなければ、自分の漫画を英訳したり、ましてFlashでアニメを作ったりしているなんて、子供のころの自分は夢にも思ってなかったでしょう。
アニメに関しては、ほんのニ、三年前までは全く予期もしてなかったです。
アニメを作ってみようと思ったのも、Flashアニメーションという表現方法に出会えた、このウェブの偶発性のおかげだと思います。

自分はこの「もうひとつの世界」を今ゆっくりと歩いているんだなと思います。
自分の場合、web漫画が主な表現媒体で、これからもまったりのんびりと創作を続けていくんだろうと思います。
web漫画を公開されてる方が話題を呼び、人気を得、プロとしてデビューされることも全く珍しいことではない今、様々な方々がweb漫画で「けものみち」を突き進まれ、すばらしい漫画が数多く制作されていき、漫画の未来が発展していくのを思うと、自分ははたからわくわくとしてなりません。
様々な表現、活動、業種でこの「けものみち」や「高速道路」が形作られ、多くの人々が通り、通り過ぎていく道となることを切に期待しております。
自分はそれを横道からまったりと眺められればと思っております。

そして改めて最後に思うのは、創作することの何と楽しいこと!
こんな楽しすぎる「情報の発信」が今まで大衆から隔離されていたなんて!
この最高の活動を私たちが人類の歴史上はじめて獲得した今、なにかを表現しないなんて、損!損!
強い言葉ですが梅田氏の言を借りると「直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ」
自分は何もかもこの言葉につきると思ってならないのです。

ログ11


バイオハザードII アポカリプス
地上波で放送するということで映画「バイオハザード2」を拝見しました。
一言で言えば、ゎーパニック映画になってるなーと思いました。
1」のほうはかなり昔に見たんで、内容のほうはすっかり忘れてしまってたんですが、
本作中で「1」の回想?的な映像がちょこちょこ流してくれてたおかげで、
見た人ならなんとなく雰囲気もつかめる感じになってます。
もちろん「1」を見てない方でも十分楽しめる作りでした。
ほとんど初っ端から最後までだらだらしたところもなく、
キビキビ進んでるようにしてあるのは大変好感が持てました。
アクションシーンが連続してて、軽い感じで見るには本当楽しいと思います。
ただ各シーンのつながりの必要性が自分には薄いかなーと感じてしまいました。
見所であるネメシスとアリスの対決シーンも、アクションものとして見る分にはすっごく満足なんですが、
見所でありながら、ストーリー的に絶対に必要だったかというと、
自分には説明不足じゃなかったかなと思います。
テンポが速いことは良いことですが、少し各シーンのテンポが速すぎて、
もう少しここ掘り下げればよかったのにと、もったいなく思うとこも多かったです。
自分は原作の「バイオハザードシリーズ」(特にBH2!)のものすごいファンなんですが、
今回のは主人公を含め登場人物がゾンビ一同と比べ圧倒的に強すぎる感があって、
原作のホラー的雰囲気(BGMを含め)が、すっかり爽快アクション映画として楽しめてしまったなーと…
映画の最中、主人公アリスが強すぎて「エイリアンシリーズ」のリプリーに見えてました。
自分、実は1番好きな映画が「エイリアン4」だったりするんで(ジャン・ピエール・ジュネ監督がものすごく好きです…)、
その点はむしろ楽しく見させていただきました。
公開中の「エイリアン3」では一体彼女らがどのように進化していくのか興味深深です。



うちの綾波レイ様
エヴァピンキーかわいすぎる…


フューチャリスト宣言 (ちくま新書 656)
ウェブ進化論」の著者・梅田望夫氏と、NHKの「プロフェッショナル」とかで有名な
脳科学者・茂木健一郎氏の対談本「フューチャリスト宣言」を読みました。
自分は梅田氏の「ウェブ進化論」がめちゃくちゃ大好きで、今まで何度も繰り返し読ませていただき、
ものすごく影響受けたと思っているんですが、その梅田氏と茂木氏の今回の対談本は、もちろん興味深すぎでした。
対談全部に貫かれているのは、ウェブに関するオプティズム。
日本では比較的悪意の方向で見られているネット世界を、
本書では改めて肯定的にそのすばらしさを具体的な例も挙げながら再確認しています。
個人が情報を発信することのすばらしさ、
かつては権威の下に押し付けられ埋もれていた個人の発見がネットによってなされたこと。
実世界の地位関係なしにどんな者にでも平等に開かれてるネットの可能性。
「ウェブ進化論」で語られたことが振り返り対談形式で語られています。
両氏はネットに関しては「ウェブ進化論」の主張とほぼ意見が一致しているようです。
自分みたいな「ウェブ進化論」好きな方には解説書としてすっごく楽しめるともいます。
そして本書読んで改めて書くこと、描くこと、作ることの、楽しさ、大切さ、ステキさを再確認できました。
自分が自由に制作物を、ネットに残せる時代に生まれることができて、本当によかった!



亀田選手のこれからにヤジ馬的な興味が沸いてしまってなりません。
はたから見ていて、面白いというか…
ボクシングにこんな曲がった見方をしてしまって申し訳ないんですが、やっぱりこの方々の動向が気になってしまいます。
世間にこれだけ注目されるってこと自体もうすでにすごすぎることと思います。
与えられた時間を使って、これからは純粋にボクシングを追い求めていただきたいなと思います。


ケータイ小説家になる魔法の方法
↑の本を立ち読みしたんですが、携帯サイトを作る際、本当色々参考になりました。
ケータイ小説の独特の文法とか表現とか、携帯で見るときの見やすさとか、
書き手と読み手の立場から、様々な角度から解説されてて興味深かったです。
読者がいかに主人公の心情に共感できるか、ケータイ小説の魅せる文章の理由の詳細が載ってます。
そしてこれを読んで自分の文はつくづく読みづらすぎると反省しました。
自分は、マンガにしても文にしても、わかりやすいものを目指していければなと改めて再確認できました。



定額パケットじゃないくせに、あんまりにも面白そうなんでケータイ小説サイト作ってみました。
今サイトに置いてある文と、オリジ「国立アバセリア実験校」のケータイ小説用別バージョンをちょこちょこと置いてたりします。
携帯サイトなのにPC上でしか見たことありません笑
文章置き場としてマッタリ使っていきたいなと思います。


オキニのタロット「The World Spirit Tarot」
オリジの「エジプシャングールズ」でタロットをお題に絵の連作をいつか制作してみたいなーと思ってます。
カード好きなんでウエイト系のタロットを何個か持ってるんですが、やっぱりこの全72枚の図案をオリジで制覇してみたいです。
全部完成は難しいと思いますが、時間が取れるようになれば
マンガのほうと同時進行的にのんびりゆっくり制作していければなと思ってます。



「FF7」のサウンドに魅了されたファン達が結集して、
元の曲をベースにしてリミックスした楽曲全45曲が無料で公開されております!!
参加したアーティスト数は総勢40名以上、ジャズ・テクノ・ロック・クラシックなど様々なジャンルの曲にリミックスされております!
クオリティがすさまじいすぎるんです!!
全曲ダウンロード、アイポに入れて通学中に毎日聞かせていただいてるんですが、もうすごすぎて脱帽です!
FF7ファンの方はゼヒ!!→Final Fantasy VII: Voices of the Lifestream
自分は特に「2-12 Hy Bound - Mark of the Beatsmith (Mark of a Traitor)」をオススメします!
ずべての曲がそうなんですが、もうFF7を昇華しまくって完全に完成された曲になってます!



自漫画を見開きで表示させたいなーとずっと思い続けてたんですが、
なかなか見開き版を作る時間もとれずあきらめかけていたところ、
見開き表示可能な漫画閲覧ジャバスクリプトを発見し、さっそく使用、改造させていただいたんですが、もう大満足です!
やっぱり漫画というものは見開きで見るものなんだと思い知りました…!
こんなにすばらしいスクリプトを開発してくださった製作者の方に感謝してなりません!



時津風部屋のリンチ殺人に大変に憤りを感じます。
なぜもっと早くにという気持ちでいっぱいです。
裁かれねばならないのは朝青龍じゃなくて、あの相撲協会のほうです。
亡くなった力士の無念さを思うと本当にいたたまれません…


←前へ もどる  次へ→

ログ12



アルビノ鳩



ウェブ世界がどこへ行ってどこへ向かうのか、身の程知らずにも無駄に考えたりすることがあります…
以下長文なんで別ページへ… >>続きを読む



ジョジョの奇妙な百人一首」…!!!すさまじく欲しいです…!!!!
ぅゎぁ本当これはマジで欲しいょ…!!!どうしよう…!


トリック -劇場版2- 超完全版
地上波初登場劇場版「トリック2」を拝見しました。
自分「トリック」にはものすごく影響を受け、非常に思い入れがあり、
大好きで大好きで愛してならないシリーズで、自オリジのほうにもその影響出まくりなんですが、
今回の劇場版のほうは前々から色々評判のほうを聞いていたのもあり、
今まで見ずにきていたんですが、今回放送されるということでやっと拝見することができました。
毒もなくすっきり見やすい作品だったと思います。
CGのほうも自分は別にトリックの独特の世界観を壊すようなものではなく、良かったと思います。
残念だったのは矢部・秋葉組と山田・上田組の絡みがほぼなかったこと、というか刑事組みがほとんど本編に絡んでおらず、
いてもいなくていいようなおまけ的扱いになっていたのは残念だったです。
そして今回の敵、ハコガミ様…自分は男性にしたほうが良かったんじゃないかなとかひそかに思ってしまったりしました。
前回のスペシャルの敵と設定が似通っているように思えたんで…
久しぶりにかっちょいい男性悪役を拝みたいです。
ミラクル三井みたいな。笑
番組の最後、シリーズ続行が宣言されたんで、次シリーズのほうに期待です。
プロローグの卵の中身がどうなるか気になる…


ゲームセンターCX DVD-BOX
ゲームセンターCX」という番組が面白すぎてハマリまくってます…!
フジ721で放送されてる番組なんですが偶然拝見してからというもの、興味深すぎて毎週楽しみにしまくってます!
ファミコンやスーファミなどのレトロゲームを紹介、全クリまでプレイしていく番組なんですが、これが本当面白いんです!!
レトロゲーム好きな自分にはたまりません!!
自分小さいころから兄がゲームやってるのを横から見るのが大好きだったんで、
この番組もそのノリで、これからどうなってゆくんだろう、ワクワクで見させていただいてます。
もう自分もいっしょにそのゲームを遊んでるみたいに、ゲームの醍醐味をを一本一本十分堪能させていただけます。
そしてゲームもさることながら、番組の雰囲気がステキすぎるんです!
プレイしていく有野さんの実況やADさんにいたるまで、そのチープさがかえってあったかくて、和みます。
見てると本当マッタリできます。
そしてなによりレトロゲームって本当かわいすぎる!!
技術が発達しハード、ソフト共に複雑化していく現代のゲームがある一方で、
自分にとってはレトロゲームこそやるにしても、見るにしても、最も楽しく、魅惑的すぎるものなんだとつくづく思います。



雨にどしゃぶられました…。
自分一応いつも折りたたみ傘をカバンに入れてるんですが、
その日は前日の雨で濡れた折りたたみ傘がまだ乾いてないみたいだったので、
家出る前には雲ひとつなく晴れてるように見えたたのもあり、傘なしで行ったら、
見る見る曇りだし、電車から降りるころには普通に雨になっていて、ビビりました。
コンビニ傘の500円が痛くて、ケチって買わずに行ったのが間違いでした…。
濡れないようにマジで走っていったんですが、学校につくころには雨がしたたり落ちるほどズブヌレになってました…。
本当寒かった…。筋肉痛になったし…
もうこれからは忘れず毎日傘持ちます…!


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
梅田望夫氏の新刊「ウェブ時代をゆく」、発売前から楽しみで楽しみで仕方がなく、
店頭に並んですぐ購入させていただいた本です。
読了させていただいて確信しました。
自分にこれほど影響を与え、目指す指針を教えていただき、そしてなにより明るい気分にさせてくださる本はなかったと。
「ウェブ進化論」と同じく、これから何度も何度も時間をかけて読み直し、味わっていく本になっていくことを。
ウェブ世界、「もうひとつの地球」に住まう方々の今の息吹が聞こえてくる本です。
以下長文なんで別ページへ… >>続きを読む



NKH「プロフェッショナル」の漫画編集者・長崎尚志氏の回を拝見しました。
漫画に関する仕事人の特集ということで録画・凝視しておりました。
自分もヘボヘボと素人の手習いで趣味で漫画を描く者として、
想像以上に興味深すぎる内容で、大変勉強になることだらけでした。
プ…プロフェッショナルだ!この方こそ…!!と圧倒し通しでした。
漫画家さんにとって編集者さんは本当欠かすことのできない存在なんだと、改めてわかりました。
漫画家さんは編集者さんという導きの存在があってこそ、仕事に没頭でき、創作できるんだと…
世の中に漫画編集者より漫画を熟知し、漫画のことを考え、そして漫画を愛しておられる方々はいないんだと…
今まで自分は編集者は漫画家の方向性を決め、漫画家の描きたい漫画を描かせてはくれないんじゃないかと、
両者を対立させて考えていたんですが、実際は全くこんな想像とは違っていることを、番組を通して思い知らされました。
編集者と漫画家は一心同体、志を同じくする者。
漫画家は編集者という的確な指導者、相談者、それ以上に同志がいるからこそ、漫画を描き続けることができるんだと。
「はじめこの漫画を愛しているのは世界でたった二人だけなんだ」という言葉に創作者たちのものすごく重いものを感じました。
編集者という心強い同志がいるからこそ、漫画を描くというすさまじく力のいる仕事を、
漫画家は続けていくことができるんだと思います。
実は自分、番組後半の長崎氏が新人さんのネームにダメ出しするシーンに、ものすごくビビってました…。
こ…恐い…。
でもあのダメ出し、アドバイスは、漫画を知り尽くす者でなければ絶対に出すことができないプロの言葉です。
編集者さんは漫画家さんをよりよい方向に導く存在…
漫画の鬼とはあの方々のことです…



アジアンな二人


←前へ もどる 次へ→

創作ぶっちゃけバトン



拾ってきました「創作ぶっちゃけバトン」

1.創作歴を教えて下さい
長いですよ!思い出せる最古のオリジはぶっちゃけ保育所時代のものです…恥

2.最初に書き上げた作品はどのようなお話でしたか?
「エジプシャングールズ」の第1話の原型…すさまじくひどいです…

3.今まで描いた作品の中で、一番気に入ってるものは何ですか?
やっぱり「エジグル」です。思い入れが違う…。「ラヴキョンシー」も思い入れ深いです。
というか公開してるものはみんな思い入れがあります。ないと絶対形にできないです!

4.創作する上で一番気をつけている事は何ですか?
わかりやすいものを目指してるんですが、全然達成できてない感が…がんばりたいです!

5.どんな時にネタを思いつきますか?
うーん、2パターンあります。
じーーとオリジの設定を考えていてぼっと浮かび上がる時と、
TV見てたり、外出したり、関係ないことをしていてふと浮かんだりすることとか多々あります。

6.ネタが思い付いた後、それをどうやって形にし肉付けしていくか、あなたなりの構成方法を教えて下さい
5のネタを元に頭の中で妄想。
頭の中でキャラが勝手に動いて物語を作ってくれることが多いです。
↑の方法で話に詰まったらじーっと集中して構想を練ったりして、色々もだえ苦しみます…

7.プロットは立てますか?それはどのように書きますか?
プロットは昔はほとんど頭の中に収納してたんですが、最近は脳内メモリ消滅を恐れて、
ものすごい適当ではありますが大事なところと流れを紙とかPCに残すようにしてます。

8.↑でプロットを立てると書かれた方へ。プロット→本番の時、プロット通りにキャラは動いてくれますか?
「横道に逸れはじめる」という方、その軌道修正はどうしてますか?

うーん、自分も全然経験不足でわからないことだらけなんですが、軌道にそれるとはどこからの範囲なんでしょうか…?
一応修正できないほど横道にそれたことはないと思うんですが(小心者なんでそらせられない…)
後からこっちのほうが良かったんじゃないかって後悔することはめちゃくちゃあるんですが、
そのときはもう後の祭りとあきらめます…。根性なし。

9.一番好きな作業は何ですか?
下書きですね!これは漫画の醍醐味だと思います!

10.あなたの創作七つ道具を教えてください。
1タプリ0.5(下書き主線用)
2グラフィックギア0.3(下書きキャラとか細かい所用)
3エアイン(最強消しゴム)
4ユニボールシグノ超極細(ペン入れ細かい所用)
5ユニボールシグノ極細(ペン入れ主線用)
6コピックマルチライナー0.03(ペン入れキャラの顔とか超細かい所用)
7フォトショップ(加工用)
これらは自分の必須品…

11.創作期間中「これだけは欠かせない」というアイテムがあったら教えてください。(コーヒー、テレビ、音楽等)
紙とシャーペンと消しゴムがあれば…

12.あなたが「影響を受けている」と思う方は誰ですか?
(先人・プロアマ・ジャンル問わず)ここは敢えて一人、あげてください。

お…お一人ですか…!?
すいません!!なんとかお二人にさせてください…!!
由貴香織里先生!!このお方はもう自分の原点です!!影響受けてるどころの話じゃないです!
恐れ多いです!!この方がいなければ今のように自分がマンガを描くこともなかったと思います!!
九条キヨ先生!!大好きです!!先生にしか描けないあの生き生きとした雰囲気のある絵柄がたまりません!!
影響受けてます…ぃゃむしろ受けたいです!!

13.スランプになった時の症状を教えてください。また、その脱し方はどうしてますか?
もう期限を決めていやでも定期的に描くほうがあとあといいんじゃないかと思ってきてます。

14.ご自分の作品世界の中、一連の流れの中で共通するテーマがあるとしたら、それは何だと思いますか?
テーマというふうに意識して設定していたわけではないのですが、
「不老不死」っていうのは自分のオリジに共通して現れるテーマだなあとつくづく思います。あと「盲目」も…。
多分自分の持っている「死」とか「失明」への恐怖感が反映されてるんだと思います。

15.ご自分の作品に対して、客観的な感想をどうぞ。
キモイよ。笑

16.ご自分の作品、これから課題があるとしたらそれは何だと思いますか?
完全に漫画力だと思います。総合的にダメだ…

17.ご自分の作品に愛はありますか?
無いと絶対に形にできないです!!本当に!!!
これだけが自分の動力源です!!

18.あなたの作品が好きだ。と言う方に一言どうぞ。
ありがとうございます!!!!もうあなたに一生仕えます!!!

19.今後どのような作品を書いて行きたいですか?
「エジグル」、「ラヴキョ」の二つはいけるところまで、可能な限り制作していきたいと思います。
他にも形にしたいと思っているもの(「宝花伝」とか「デイメアモス」とか)もいつの日か残していきたい…!

20.二次に限り「これと出会って私かわりました」という作品はありますか?
由貴香織里先生の「天使禁猟区」ですね。
本当自分の原点です!

21.今あなたが読みたい(見たい)と思う作品があれば(いくつでも可)
うーん、なんだろう…
見たいと思ったものはご縁があれば見てるような気がします…
むしろオススメ教えていただきたいです…!

22.創作中BGMは聴きますか?聴かれる方はどのような音楽を聴いていますか?
特定のものを流すことはないんですが、テレビつけながらとか、動画つけながらとかはよくやります。

23.原稿制作に準備~完成までどれくらいの時間をかけますか?理想と現実を教えて下さい。
更新再開したらの予定なんですが…理想は2日に1pペースを目指したいです。
おそらく現実はどこかでくたばります…笑

24.自分だけが楽しむための妄想ネタを持ってますか?
もちろん!!!ぶっちゃけこれが自分のオリジの80%を占めてます!!
オリジで公開できるものはほんの氷山の一角の一角です…!!
もう正直正気の沙汰じゃないです…!笑

25.あなたが二次を趣向・創作するにあたって男同士を選択してしまうのは、どうしてだと思いますか?
ぃゃぁやったことないんでなんとも言えません…すみません…。
ぶっちゃけ自分は二次では根っからのノーマルだと思われます…女の子が好きなんで…

26.創作作業をするにあたって、一番辛い作業はどの作業ですか?
また、それをやり遂げる為の工夫ってありますか?

ペン入れです…ここで失敗したら修正できないんで…
基本的に下書きと同じ作業を繰り返さなきゃいけないってのも精神的に消耗します…
もう期限をもうけて無理矢理やり遂げるしか…

27.今はネットの普及によって創作物が溢れかえっていますが、
その数ある創作の中で『私のオリジナリティはこれだ!』と言えるものはありますか?

キモイところ?笑
すみません、できるようにがんばりたいです。

28.これだけはどうやっても書けない、という種類の創作が有りましたら教えて下さい。
普通の女の子が喜ぶようなお話はどうも自分には向いてないような気がします…うーん

29.人様からのご感想で話の軌道修正をしてしまったり、影響を受けてしまう事がありますか?
ぶっちゃけ以前友人に「エジグル第3話」の構成について相談したことがあったんですが、自分から校正をお願いしたにもかかわらず、逆に友人からの提案を「ここはこうでこうなんだ!」と懸命に説き伏せてしまったことが思い出されます…。
影響…いただきたいです…すみません…

30.創作で一番こだわっている事は?
なによりマンガとしてわかりやすい話になることを目指してます。
そうなれるようがんばりたいです。

・あなたが大好きな作家さんに、一つ質問を追加して回してください。回す人数は制限なしです。
アンカー走ります。ありがとうございました!!

TOP

.

創作オリジ
エジプシャングールズ
  [エジプシャングールズ]

  (鍵編)
  ├ 2 メンフィス
      栄光都市

     
  └ 1 トート同盟
  (テーベ編)
  ├ 3 ウジャトの予言者
  ├ 2 蘇りの姫
  └ 1 秘薬エリクサー
神聖喜劇サニーエジプト
  [神聖喜劇
   サニーエジプト]

  ├ 1話/ 2話/ 3話
  ├ 4話/ 5話/ 6話
  └ 7話/ 四コマ
萌える法学
  [萌える法学]
(別窓)

.


web拍手 メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。