エジグル

創作オリジ イラスト 色々倉庫 リンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京リアルプレイステーション (プレイヤー:町田満貴)



町田満貴は何もかもに退屈していた。
家族のこと、学校のこと、このつまらない日常には全く飽き飽きだった。
自分はそこそこいい家に生まれて、落ち目とはいっても一応は先進国の首都の真ん中で、欲しいものはいくらでも手に入るご身分だ。
周りのバカどもの間では、勉強せずともいくらでもトップに君臨できたし、それはこれからも永遠に続くだろう。
何不自由なく暮らす少年。
世間は自分を満たされているようと思うだろうか?

クズが。
そんなはずがないだろう。
何の変化も刺激もスリルもなく過ぎ去る毎日毎日。
これを幸福だと?
くそくらえ。
閉ざされた世界、籠の中で必死で蠢く国民。
少年にはその黒々とした籠の存在を今ならしかと見える。
憐れで愚劣な籠の中の彼らは、一体何のために生きているのだろう?
少年にはそんなものわかりたくなかったし、自分がやがて彼らと同じようになっていくのを思うと、身震いするほど憎たらしかった。
餌に群がる蟻を思う。

一体このとんでもない閉塞感は…。

夕日はとうに沈み、少年が日々通らされている通学路は光を失って青白い不自然光が灯る。
少年は自分以外に誰もいないはずもないこのアスファルト舗装の歩道から、秒刻みで漆黒に近づいていくオレンジ色の空と雲を見上げる。
思わずこぼれる強欲にして無垢なる願い。

ああ、誰か僕を解放してください…

この退屈から…!この日常から…!この平安から…!
こんなものもうたくさんです。
ちっともいらないんです。
僕が欲しいのは、本当に欲しかったのは……
スリル…

階段からまっさかさまに転げ落ちる時のような、高層ビル工事の落下物を真下から悠々と眺める時のような、信号無視の車に理不尽に跳ね上げられる時のような…
恐怖感、絶望感、そして高揚感、開放を…
僕に、再び、与えてください。

ああ神様、僕は我が侭なんでしょうか?


Welcome to Tokyo Real PlayStation...


「我が侭なんかじゃありません!」
「それは人たる者の正しき姿」
「遺伝子に刻み続けてきた記憶」
「機械と生物を分けうる唯一の要素」
「そう太古の昔から我々は、スリルを求め続けていたじゃありませんか!」
「私たちはあなたのような方々を、ずっとずっと待ち申し上げておりました」
「あなたのような選ばれた方々を…」
「これからも、今までも、永遠に…」
「あなたが求め続けてきた世界」

「ようこそ、東京リアルプレイステーションへ」

もどる 次へ

TOP

.

創作オリジ
エジプシャングールズ
  [エジプシャングールズ]

  (鍵編)
  ├ 2 メンフィス
      栄光都市

     
  └ 1 トート同盟
  (テーベ編)
  ├ 3 ウジャトの予言者
  ├ 2 蘇りの姫
  └ 1 秘薬エリクサー
神聖喜劇サニーエジプト
  [神聖喜劇
   サニーエジプト]

  ├ 1話/ 2話/ 3話
  ├ 4話/ 5話/ 6話
  └ 7話/ 四コマ
萌える法学
  [萌える法学]
(別窓)

.


web拍手 メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。