エジグル

創作オリジ イラスト 色々倉庫 リンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ログ11


バイオハザードII アポカリプス
地上波で放送するということで映画「バイオハザード2」を拝見しました。
一言で言えば、ゎーパニック映画になってるなーと思いました。
1」のほうはかなり昔に見たんで、内容のほうはすっかり忘れてしまってたんですが、
本作中で「1」の回想?的な映像がちょこちょこ流してくれてたおかげで、
見た人ならなんとなく雰囲気もつかめる感じになってます。
もちろん「1」を見てない方でも十分楽しめる作りでした。
ほとんど初っ端から最後までだらだらしたところもなく、
キビキビ進んでるようにしてあるのは大変好感が持てました。
アクションシーンが連続してて、軽い感じで見るには本当楽しいと思います。
ただ各シーンのつながりの必要性が自分には薄いかなーと感じてしまいました。
見所であるネメシスとアリスの対決シーンも、アクションものとして見る分にはすっごく満足なんですが、
見所でありながら、ストーリー的に絶対に必要だったかというと、
自分には説明不足じゃなかったかなと思います。
テンポが速いことは良いことですが、少し各シーンのテンポが速すぎて、
もう少しここ掘り下げればよかったのにと、もったいなく思うとこも多かったです。
自分は原作の「バイオハザードシリーズ」(特にBH2!)のものすごいファンなんですが、
今回のは主人公を含め登場人物がゾンビ一同と比べ圧倒的に強すぎる感があって、
原作のホラー的雰囲気(BGMを含め)が、すっかり爽快アクション映画として楽しめてしまったなーと…
映画の最中、主人公アリスが強すぎて「エイリアンシリーズ」のリプリーに見えてました。
自分、実は1番好きな映画が「エイリアン4」だったりするんで(ジャン・ピエール・ジュネ監督がものすごく好きです…)、
その点はむしろ楽しく見させていただきました。
公開中の「エイリアン3」では一体彼女らがどのように進化していくのか興味深深です。



うちの綾波レイ様
エヴァピンキーかわいすぎる…


フューチャリスト宣言 (ちくま新書 656)
ウェブ進化論」の著者・梅田望夫氏と、NHKの「プロフェッショナル」とかで有名な
脳科学者・茂木健一郎氏の対談本「フューチャリスト宣言」を読みました。
自分は梅田氏の「ウェブ進化論」がめちゃくちゃ大好きで、今まで何度も繰り返し読ませていただき、
ものすごく影響受けたと思っているんですが、その梅田氏と茂木氏の今回の対談本は、もちろん興味深すぎでした。
対談全部に貫かれているのは、ウェブに関するオプティズム。
日本では比較的悪意の方向で見られているネット世界を、
本書では改めて肯定的にそのすばらしさを具体的な例も挙げながら再確認しています。
個人が情報を発信することのすばらしさ、
かつては権威の下に押し付けられ埋もれていた個人の発見がネットによってなされたこと。
実世界の地位関係なしにどんな者にでも平等に開かれてるネットの可能性。
「ウェブ進化論」で語られたことが振り返り対談形式で語られています。
両氏はネットに関しては「ウェブ進化論」の主張とほぼ意見が一致しているようです。
自分みたいな「ウェブ進化論」好きな方には解説書としてすっごく楽しめるともいます。
そして本書読んで改めて書くこと、描くこと、作ることの、楽しさ、大切さ、ステキさを再確認できました。
自分が自由に制作物を、ネットに残せる時代に生まれることができて、本当によかった!



亀田選手のこれからにヤジ馬的な興味が沸いてしまってなりません。
はたから見ていて、面白いというか…
ボクシングにこんな曲がった見方をしてしまって申し訳ないんですが、やっぱりこの方々の動向が気になってしまいます。
世間にこれだけ注目されるってこと自体もうすでにすごすぎることと思います。
与えられた時間を使って、これからは純粋にボクシングを追い求めていただきたいなと思います。


ケータイ小説家になる魔法の方法
↑の本を立ち読みしたんですが、携帯サイトを作る際、本当色々参考になりました。
ケータイ小説の独特の文法とか表現とか、携帯で見るときの見やすさとか、
書き手と読み手の立場から、様々な角度から解説されてて興味深かったです。
読者がいかに主人公の心情に共感できるか、ケータイ小説の魅せる文章の理由の詳細が載ってます。
そしてこれを読んで自分の文はつくづく読みづらすぎると反省しました。
自分は、マンガにしても文にしても、わかりやすいものを目指していければなと改めて再確認できました。



定額パケットじゃないくせに、あんまりにも面白そうなんでケータイ小説サイト作ってみました。
今サイトに置いてある文と、オリジ「国立アバセリア実験校」のケータイ小説用別バージョンをちょこちょこと置いてたりします。
携帯サイトなのにPC上でしか見たことありません笑
文章置き場としてマッタリ使っていきたいなと思います。


オキニのタロット「The World Spirit Tarot」
オリジの「エジプシャングールズ」でタロットをお題に絵の連作をいつか制作してみたいなーと思ってます。
カード好きなんでウエイト系のタロットを何個か持ってるんですが、やっぱりこの全72枚の図案をオリジで制覇してみたいです。
全部完成は難しいと思いますが、時間が取れるようになれば
マンガのほうと同時進行的にのんびりゆっくり制作していければなと思ってます。



「FF7」のサウンドに魅了されたファン達が結集して、
元の曲をベースにしてリミックスした楽曲全45曲が無料で公開されております!!
参加したアーティスト数は総勢40名以上、ジャズ・テクノ・ロック・クラシックなど様々なジャンルの曲にリミックスされております!
クオリティがすさまじいすぎるんです!!
全曲ダウンロード、アイポに入れて通学中に毎日聞かせていただいてるんですが、もうすごすぎて脱帽です!
FF7ファンの方はゼヒ!!→Final Fantasy VII: Voices of the Lifestream
自分は特に「2-12 Hy Bound - Mark of the Beatsmith (Mark of a Traitor)」をオススメします!
ずべての曲がそうなんですが、もうFF7を昇華しまくって完全に完成された曲になってます!



自漫画を見開きで表示させたいなーとずっと思い続けてたんですが、
なかなか見開き版を作る時間もとれずあきらめかけていたところ、
見開き表示可能な漫画閲覧ジャバスクリプトを発見し、さっそく使用、改造させていただいたんですが、もう大満足です!
やっぱり漫画というものは見開きで見るものなんだと思い知りました…!
こんなにすばらしいスクリプトを開発してくださった製作者の方に感謝してなりません!



時津風部屋のリンチ殺人に大変に憤りを感じます。
なぜもっと早くにという気持ちでいっぱいです。
裁かれねばならないのは朝青龍じゃなくて、あの相撲協会のほうです。
亡くなった力士の無念さを思うと本当にいたたまれません…


←前へ もどる  次へ→

TOP

.

創作オリジ
エジプシャングールズ
  [エジプシャングールズ]

  (鍵編)
  ├ 2 メンフィス
      栄光都市

     
  └ 1 トート同盟
  (テーベ編)
  ├ 3 ウジャトの予言者
  ├ 2 蘇りの姫
  └ 1 秘薬エリクサー
神聖喜劇サニーエジプト
  [神聖喜劇
   サニーエジプト]

  ├ 1話/ 2話/ 3話
  ├ 4話/ 5話/ 6話
  └ 7話/ 四コマ
萌える法学
  [萌える法学]
(別窓)

.


web拍手 メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。