エジグル

創作オリジ イラスト 色々倉庫 リンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1-2 国王崩御



ルーファは機械のように正確に無慈悲に、切り捨てた。
兵士どもの汚い血を浴びても、ルーファは無表情だった。


「アレイスタ様、お怪我は?」
そう大きく月色に赤い瞳を向けて言った。

アレイスタはあたりに散らばった肉片を眺めながら
「……結構。」と言った。


回廊がもうすぐ終わり、目的の玉座の間の細工扉が待っていた。

カツカツカツ。

ルーファはその重い扉を押す。
玉座開封---


ためらいもなくアレイスタがその大理石張りの間に入ると、やはり王は玉座に座って数人の臣下とともに、待っていった。

カツカツカツ。
「メギドニア国王陛下、おわかりですね。
我々がこちらにおもむいた意味、そしてその我々に対する陛下のご仕打ちとその招いた結果。
これは警告じゃあありません、最終宣告です。
メギドニア王国の領土、人民、財産、そして主権を、我が最愛なるサノリジン帝国、皇帝陛下のものに…」
「ふざけるなっ!
そんなことがまかり通ると思っているのか!?」
老人は力の限り叫んだ。

「ええ、通ります、力あるものなら。
面倒くさいので書類のほうは1枚にまとめてまいりました。
こちらに署名していただければ、陛下のご苦労もお仕舞いですよ」
カツカツカツ。

アレイスタはその書類をひらひらさせ王の下に歩みながら、左手に広がったアーチ上の吹き抜けの奥に存在するこまごまとしたメギドの王都と、そのさらに奥、群青の海の水平線、それらにかぶさる灰色のの雲渦巻く空を眺めた。
もうすぐ雨が降るのだろう。

「ならば私はここで死ぬ!!
私の署名がなければそんなふざけた契約など無効なはずだ」

「それは困りますねー。
我々が困る。
次の主権者は確か陛下のご子息、王子でしたよね?
王子に半殺しにして署名させるのは簡単でしょうが、見つけるまでが大変だ。
うーん、じゃあこうしましょう」

アレイスタは長い黒衣といっしょにくるりと振り返る。

「ルーファ、ブラッディオン持って来い!」
「あ、はい」

ルーファは連れの大蛇をくるりと巻いたような仲間から、赤いこぶしほどある、煌く宝石をはぎ取り、アレイスタの元へあわてて駆け出した。
「はい、どうぞ」
無言で受け取るとアレイスタはそれを握り締め、
「死ぬ前に良く見ておくといいでしょう。
めったに見られるもんじゃない、帝国宮廷魔導士の最上級召喚魔法など…」

そう言い終わると鮮血のような赤い石は、ぽっと淡い光を発しうごめきながらあたりを包み込んだ。

それをうっとりと眺めていたルーファに
「ルーファ、お前も良く見ておくといい。
珍しいものを呼んでやろう」とアレイスタは呼びかけた。

ゆっくりと異国の言葉を唱える。

ごうごうと黒い雲が波打ち、旋風がアーチから玉座になだれ込み、王は玉座を立って外を見た。
黒いうずの中心から赤い、赤い…

「陛下、あれが最強の炎属性モンスター、ボルカノイドでございます」

その顔はワニに似て堅く、口から牙といっしょに炎を噴出しながら、とぐろを乱雲に巻き、うろこ1枚1枚から金属のように輝きを放った。
巨大な真紅の竜。
巨大な生命体が空に浮かんでいたのだ。
黒い空に浮かぶ赤い物体。
耳をすんざくような轟音が天空に響き渡る。
地上から眺める人々はただ自分の置かれている境遇に立ちつくし、逃げることも忘れた。
竜もその人々を眺めていた、笑いながら。
笑みのこぼれるその口から赤と青の混ざった炎を地上に解き放った。
その竜が吐く炎は王都の中心部を焼き尽くしたようだ。
とても現実とは思えない光景が王の目の前に突きつけられた。

「陛下、あなたも人民の上に立つお方ならこんなことは嫌でしょう?
王都も人民も失うなんてなんて」
アレイスタは冷淡に微笑んだ。

「私が…私が署名すれば、メギドの民に危害は加えないか…?」
「もちろんでございます、陛下。
帝国は常に世界の幸せだけを願っております」

国王は目を見開いて契約書を手で押さえ、紙がしわになるほど強く、自らの名を書いた。
最期の署名---

「結構!」
アレイスタはそう言うと、猫のように宙を舞って、国王の前に飛びかかった。

鈍い音が嫌に玉座の間に広がった。

ぽとり、と、
国王の首が大理石の床に転がる。
メギドの大地を眺めているようだった。

TOP

.

創作オリジ
エジプシャングールズ
  [エジプシャングールズ]

  (鍵編)
  ├ 2 メンフィス
      栄光都市

     
  └ 1 トート同盟
  (テーベ編)
  ├ 3 ウジャトの予言者
  ├ 2 蘇りの姫
  └ 1 秘薬エリクサー
神聖喜劇サニーエジプト
  [神聖喜劇
   サニーエジプト]

  ├ 1話/ 2話/ 3話
  ├ 4話/ 5話/ 6話
  └ 7話/ 四コマ
萌える法学
  [萌える法学]
(別窓)

.


web拍手 メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。